Personal design

​パーソルデザインとは

『着ていく服がな〜〜〜い!』

​そんな風に思ったことはありませんか?私は数えきれないほどあります。

おかしい!服はこんなに溢れているのに!とクローゼットの前で頭を抱えてきました。

何とか選んで出かけるものの、結局何となく気に入らなくてまた買い物へ……その繰り返しです。

​パーソナルカラー診断を受けた後も、この現象はなくなりませんでした。​

ハンガーハンガー

それもそのはず。

似合う色だけを知っていても《似合うデザイン》はわかりません。

例えばパーソナルカラー『冬』はシャープでモダンな印象の色が多いグループです。

でもだからといって、デザインまでもシャープなものでよいのでしょうか。

パーソナルカラー『冬』の方にはモダンな印象の方もいれば、ソフトでエレガントな印象の方、親しみやすくキュートな印象の方もいらっしゃいます。

​​

色の持つイメージとは別に、お一人お一人がそれぞれ《似合うデザイン》をもっています。

それを導きだすものが、この《パーソナルデザイン分析》です。

​​

どのような『服のシルエット』『アクセサリーの形・大きさ』『柄の形・大きさ』『バック・靴・帽子・ネクタイ等小物類のデザイン』『髪型』がお似合いになるか、その傾向を明確に知ることが出来ます。

パーソナルカラーとパーソナルデザインを組み合わせ、まさにパーソナルなオーダーメイドの

《ファッションにおける取扱説明書・自分版》を手に入れることが出来るのです。

​パーソルデザインのタイプ

パーソナルデザインは6種類8タイプで表します。(男性は5種類)​

Banana Bread Recipe 1.jpg
Banana Bread Recipe 2.jpg
Banana Bread Recipe 3.jpg
Banana Bread Recipe 4.jpg
Banana Bread Recipe 5.jpg
Banana Bread Recipe 6.jpg
Banana Bread Recipe 7.jpg
Banana Bread Recipe.jpg
(男性はハイスタイル1種類のみ)

有名人の例(敬称略):香川照之、濱田岳、菅田将暉

​タイプは8つ、とご紹介いたしましたが、診断の際にはメイン・サブの2種類を導き出します。

(稀に1種類で充分な方もいらっしゃいますが、ファッションの幅を広げるために必ずお伝えしています。)

あなたの個性や魅力はどのようなものなのか、言語化し理解することで新たな扉が開くと信じています。